九州柳川ツーリング

待ちに待ったシーズン到来です。
昨年は新型コロナの影響で春のツーリングは中止となり、秋のツーリングは雨のため、車で宿に向かうだけの旅行と化してしまいました(涙)
そして今年初のツーリングは4/17・18の一泊ツーリングです!)^o^(
今回のルートは下松SA8:00集合→王子SAで1名合流→九重ICで高速を降りて峠の茶屋で昼食→阿蘇大観峰を経由して柳川の白柳荘で宿泊、翌日は柳川川下りを楽しんで柳川藩主立花邸 御花でうなぎのセイロ蒸しを食べて一路広島へといったカラビナツーリングでは珍しい観光プランです。

出発は4/17(日)の早朝、寒かったですね~・・・九州に入ってお昼前には温かくなりましたが、まだこの時期の早朝はしっかりと着込まないとダメですね。九重の地鶏炭火焼き定食はボリュームもあっておすすめですよ~。大観峰は天気も良くて360°大パノラマが最高です。17時過ぎに宿に到着して早速ビールで乾杯からのお風呂タイムそしてお待ちかねの夕食・宴会の始まりです!とはいえ一日500㎞以上の走行で早々にダウンする人もちらほら(笑)

翌朝は8:30からの朝食後、のんびり過ごして10時チェックアウト。宿から数分程度の水郷柳川観光にて川下り。船頭さんが街並みの案内や北原白秋の歌を歌ってくれたりと、約一時間程度の長閑な雰囲気を味合わさせていただきました。川下りは柳川藩主立花家の別邸御花で下船して、御屋敷の中を観光です。優美な庭園やお雛様とさげもんの飾り付けなど見学したのち、お待ちかねのうなぎのセイロ蒸しをいただきました。近頃はウナギが高くて食べる機会がめっきりと減ってしまったので、ふっくらと美味しいセイロ蒸しに大満足です!

お腹も満たされ、残るは帰るのみなんですけど、平日のせいか大型トラックが多くて快走とはいかず、なかなかのストレスを感じながら、それでも無事18時頃には帰宅。トラブルもなく天気も良くおいしいものいっぱい食べて、大満足のツーリングでした!

前の記事

秋の恒例ツーリング